ラブチャットで女の子とウハウハなエッチ体験をする方法とは?

ラブチャットとは、主にチャットセックスを目的としたアダルトなチャットサイトのことですが、何も、そこへ行ったからといって、必ずエッチなことをできるわけではありません。
そういうサイトの、おそらくほとんどが、誰かが作成したチャットルームに入室するというシステムをとっていると思われます。むろん、自分でもチャットルームを作成できるわけで、となればあとは、作成した部屋に好みの女の子が入ってくるのを待つだけなのですが・・・これがまあ難しい。

ラブチャットサイトを見てみればわかります。
男性が作成したチャットルームは、90%以上が「待機中」となっています。待機中とはつまり、男が、その部屋でひとり、ちんちんをおったてたまま正座しているということです。エサを待っている状態です。

上下、あるいは左右に「待機中」の文字が並んでいるその様は、どこかもの悲しく、男って馬鹿だな、と改めて痛感させられます。しかもそのルームの紹介文がハレンチなものばかりだものですから、むなしくてむなしくて、寒風が吹きすさんでいるようで、もう私は涙が止まりません。いえ、私もそんな馬鹿な男の一員なんですけどね。

さて、そんな、女の子と話すのが難しいラブチャット。
ウハウハな体験をするには、いったいどうしたらいいのでしょう。

まずは、自分の目的をはっきりさせることです。
本当にエッチなことがしたいのか、それとも、イチャイチャするくらいでじゅうぶんなのか。

「イチャイチャでいいや」と思った方、おめでとうございます。あなたはおそらく、根気強くルームで待っていれば、女の子が入ってきてくれるでしょう。もちろん、ルームの紹介文には、エッチなことは書かないでくださいね。

で、問題は「エッチなことしてー」と思ったそこのあなた。
めちゃくちゃめんどうくさいですけど、やりますか?やりますよね。だってエッチなことしたいもん。私もやります。

具体的な方法についてですが、まずは、チャットルームを作成します。
別の名でふたつくらいつくれるといいですね。一方は、正直に、エッチなことがしたいと紹介文に書き、もう一方は「おしゃべりしよー」などと、下心のなさそうな紹介文にしておきます。エッチ目的のほうに女の子が来たら、そのままプレイを開始、そうではないほうに来たら、まずは普通のおしゃべりから始めて徐々にエッチな方向へ持っていきます。

また、待つだけでなく、常にサイトのトップページを開いておき、数秒ごとに更新し、女の子がルームを作成しないかを見張っておきます。女の子がつくったチャットルームが画面に現れたら、即座に入室をクリック。なんでもいいから会話して、時を見計らってエッチなお願いをしてみましょう。おっと、トップページの監視中も、自分のチャットルームへの人の出入りの確認も怠らないように。

これだけすれば、数日に1回は、女の子とエッチなことをできるでしょう。
ウハウハしたければ、それだけの努力が必要だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">